中嶋武仁 漆黒桧椀

寸法
:口径10.7cm×最大径11.4cm×高さ7.4cm
素材
:漆・桧
価格
14,000円
在庫
:あり
選択

漆黒に浮かぶ黄金色。

江戸期の托鉢に使われていた鉄鉢、中嶋武仁の手で現代に甦る。

 

*商品によっては木地の木目の透け感は異なりますが、ご使用いただいている間に徐々に透け感が増し、下地の木目が現れてきます。

 

 

%E6%BC%86%E9%BB%92%E6%A1%A7%E6%A4%80

1

1

お椀のつくり

黒の拭き漆をした後に磨き上げるという作業を何度も施したラクジュアリーなお椀。吸い込まれそうな黒の中に黄金色の木目が浮き出ます。これが木であることを忘れてしまいそうです。お椀生地のデザインは、江戸期の托鉢に使われていた鉄鉢を基に中嶋さんが現代風にアレンジされました。木目の透け感が味わい深く、ご使用いただいている後にさらに下地の桧の木目が現れてきます。カフェボールにもご利用でき、和食、洋食、エスニックどのシーンでもお使いいただけます。

とりあわせ

お取り扱い方法

天然木の器は熱伝導率が低く、熱いものを入れても手に暑さが伝わりにくい上に冷めにくい、逆に冷たいものはその冷たさが持続するよさがございますが、逆に、熱湯を注ぐなど急激な温度変化には耐えられません。もちろん、電子レンジや食洗器はお使い頂けません。
ご使用後は、やわらかい洗い布やスポンジなどを使って水あるいは中性洗剤で洗い、やわらかい布巾で水気を拭き取って下さい。長時間、水に浸した状態で放置しないでください。
漆器を収納する際は、陶磁器などと重ねたりしますと傷のもとになりますので、直射日光を避け、重ねて収納する場合は漆器同士にして下さい。

修理について

普段使いで3年は持ちますが、高台や上縁は徐々に傷んで来ます。
割れたりしない限り塗り直しできますので、ご相談下さい。
塗り直しの時期は、飯椀なんかの場合は飯粒が取り難くなってきたなと思ったら。木地が出るまで傷むと食材が詰まり、梅雨時など食中毒の原因になる事も稀にありますので、ご注意ください

中嶋武仁さんの商品

  • 中嶋武仁 ボールペン(チーク)

    ボールペン(チーク)

    7,350円

  • 中嶋武仁 入れ子椀

    入れ子椀 栗皮色

    28,000円(3客セット)

  • 中嶋武仁 ボールペン(ウォールナット)

    ボールペン(ウォールナット)

    7,350円

  • 中嶋武仁 漆黒入れ子椀 

    入れ子椀 漆黒

    (大) 14,000円
    (中) 8,000円
    (小) 6,000円
    (3客セット) 28,000円

  • ぐい呑み

    ぐい呑み(栃・黒漆)

    20,000円

  • ぐい呑み

    ぐい呑み(栃杢・黒漆)

    20,000円

  • ボールペン

    ボールペン(パープルハート)

    7,350円

  • ボールペン

    ボールペン(栃杢)

    7,350円

  • 獅子の里盃

    獅子の里・盃(桧)

    10,500円

  • 盃

    黒漆・盃(桧)

    お問い合わせください

  • ぐい呑み

    ぐい呑み(栃・ちぢみ杢)

    20,000円

  • あけぼの椀

    10,500円

  • ぐい呑み

    銀象嵌ぐい呑み

    お問い合わせください

  • ボールペン(メイプル)

    7,350円

  • ボールペン

    ボールペン(神代欅)

    7,350円

  • 合子

    欅造り合子

    お問い合わせください