挽きものがたり 若き木地師の器展

挽きものがたり 若き木地師の器展

中嶋武仁さんをはじめとした、山中漆器の技を受け継いだ若き生地師13名による拭漆を中心とした漆器の展覧会です。

石川県挽物轆轤技術研修所を卒業し、県内で制作活動を行っている若い生地師達。しっかりとした伝統工芸の技術を基に現代のうつわづくりをしています。

中嶋武仁さんは、江戸時代の江戸期の托鉢に使われていた鉄鉢をモデルにしたお椀や、手のひらサイズの蓋物などを出品されています。蓋物は浮造りがほどこされており、手で撫でて気持ちが良い肌触りのよい品です。

あなたのライフスタイルに合う一品を見つけに、「挽きものがたり 若き木地師の器展」に是非、足をお運びください。

挽きものがたり 若き木地師の器展

2013年9月18日~24日 金沢 めいてつ・エムザ5階 美術サロン

(最終日は16時閉場)

Comments (0)

展覧会

2013/09/19

Comment